頭皮冷却装置で抗がん剤による脱毛症予防

リーブ21さんの公式ホームページで、抗がん剤による脱毛症に対して、頭皮冷却装置を使った治験を行っているという記事を読みました。大変興味深い内容でしたので、引用させていただき、紹介したいと思います。

株式会社 毛髪クリニック リーブ21(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、以下リーブ21)は、2016年12月3日に大阪府立国際会議場(大阪府大阪市)で開催された「第14回日本乳癌学会近畿地方会」において、開発中の医療機
器『頭皮冷却装置』の治験状況と今後の臨床応用について、治験と開発にご協力いただいている加藤乳腺クリニック・加藤誠院長、大阪大学大学院医学系研究科・小林忠男招聘教授と共同発表いたしました。

出典:開発中の頭皮冷却装置の治験状況と今後の臨床応用について
第14回日本乳癌学会近畿地方会にて発表しました
発表テーマ 乳癌化学治療後患者における頭皮冷却装置法を用いた脱毛予防

抗がん剤による、脱毛症は、治療する上でどうしても避けられないものであったのですが、それに対する治療法も開発されているようです。

以下のように、頭皮冷却装置を使い、頭皮の血行を悪くすることで、抗がん剤の頭皮への移行を悪くすることで、脱毛症を防ぐというものらしいです。

『頭皮冷却装置』は、抗がん剤を投与する際に頭皮を冷却し、毛細血管を収縮させて頭皮部への不必要な薬剤の循 環を防ぎ、脱毛を低減させることを目的とした装置です。海外では同様の機器が製造・販売されていますが、キャップが 欧米人の頭部形状に適合した仕様になっており効率的に頭皮を冷却できないケースや、サイズや操作性など国内医療 機関のニーズにマッチしていない場合があります。そこでリーブ21では、日本人の頭部形状に適合したシリコンキャップ の製作や筐体の小型化、簡易な操作性など国内需要にマッチする機器の開発を国内企業とともに取り組んでおります。

出典:開発中の頭皮冷却装置の治験状況と今後の臨床応用について
第14回日本乳癌学会近畿地方会にて発表しました
発表テーマ 乳癌化学治療後患者における頭皮冷却装置法を用いた脱毛予防

このように、頭皮冷却装置は、既に海外では同様の機器が製造され販売されているようですが、日本人に合うものはまだないようなのです。そのため、リーブ21が研究・開発を進めているそうです。

がんはどんどん増えています。がんに対して抗がん剤による化学療法で治療をされている方もどんどん増えています。このように、がんが増えている日本では、抗がん剤による脱毛症に悩まされている方は多くいらっしゃいます。抗がん剤による脱毛症には、現段階では、育毛剤を使っても、あまり改善は望めないので、この治験が成功して、多くの抗がん剤による脱毛症に悩んでいる患者さんが救われると幸いです。

抗がん剤では、脱毛症以外にも、様々な副作用が出てくるので、そのような副作用を予防するような、今回のような研究がどんどん進んでいくといいですね。

ちなみに、抗がん剤による脱毛症は、通常の脱毛症とは機序が違うため、当サイトで紹介しているような育毛剤や、育毛サプリメントAGA対策法FAGA対策法AGAクリニックなどでの治療法などでは、改善が望めません。今回のような治験が成功して始めて治療が可能になるものだと思います。

オススメの育毛剤

当サイトでオススメしている育毛剤をいくつか紹介したいと思います。

まず、オススメなのが、チャップアップ(CHAPUP)です。このチャップアップという育毛剤は、天然由来成分が主体の育毛剤です。最近話題の育毛剤で、センブリエキスやグリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCなどの成分が配合されています。

他にオススメなのが、濃密育毛剤BUBKAです。ブブカもチャップアップと同様に天然由来成分主体の育毛剤です。こちらは、ミツイシコンブエキス(M-034エキス)というミノキシジルと同等の育毛パワーと言われる成分を多く配合しています(チャップアップにも配合されています)。ブブカの特徴は、ノンアルコールであることと、コラーゲンを配合していることです。

オススメのサプリメント

上で紹介したチャップアップ(CHAPUP)の購入時についてくるチャップアップサプリメントや濃密育毛剤BUBKA購入時についてくるブブカサプリメントがオススメです。

育毛剤と一緒に購入すると安くなるのと、育毛剤との相乗効果が期待できるからです。

他にオススメなのが、[Growth Project.]BOSTONサプリメントです。