ハゲ・薄毛の原因とは?

ハゲ薄毛の原因には、様々なものがあります。ハゲや薄毛が気になってき始めた方にとっては、「ハゲや薄毛の原因ってなに?」って疑問は最初に出てくる疑問だと思います。今回は、そのハゲや薄毛の原因について解説していきたいと思います。まずは、「ハゲとは何か?」というところから掘り下げて書いていきたいと思います。

ハゲとは?(薄毛とは?)

まず、ハゲとは何かというところから解説していきたいと思います。(そんなの分かってるよ!という方はすっとばしてください)

ハゲとは、髪が薄い、もしくは髪の毛が全くない頭部のことをいいます。髪が薄い状態のことは薄毛ともいいますね。ここでいう、髪が薄い状態というのは、髪の毛が細くなってしまい、髪の毛全体のボリュームが無くなってしまっている状態のことを指します。

 

ハゲや薄毛の原因とは?

この記事の始めの方で、ハゲや薄毛の原因にはさまざまなものがあると言いました。本当に原因はたくさんあります。全て挙げることは出来ないので、主なものを挙げたいと思います。それだけでもたくさんあるのですが。さて、ハゲや薄毛の原因は、次のようなものがあげられます。

このように、ここには、あげきれないほどの原因があると言われています。この中には、ハゲや薄毛になるメカニズムが解明されているものもあれば、解明されていないものもあります。これだけ多くの原因があるので、ハゲ・薄毛の原因は「コレ」と断定することは難しいかもしれません。

私もハゲで悩んでいますが、おそらく、原因はAGA、血行不良、ストレス、睡眠不足、遺伝、男性ホルモンなどが複合的に絡み合って薄毛になったのだと思います。

現代医学でもまだ完全に解明されていないみたいで、ハゲって難しいです!

 

男性ホルモンによるハゲ・薄毛

その中でも原因が解明されてきているハゲや薄毛があるみたいです。

それは、男性ホルモンによるハゲや薄毛です。AGAやFAGAという病気がこれにあたります。FAGAは女性がなるAGAです。(参考:AGAとはFAGA(用語集)AGAのまとめ)

実を言うと、私もAGAです。私の場合は、頭頂部から薄くなりました。

AGAでは、男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)というより強力な男性ホルモンに変換されてしまうことによって起こります。5αリダクターゼは主に、頭皮と前立腺に存在しているため、頭皮にある毛髪はこのDHTの影響を受けやすいと考えられます。(参考:5αリダクターゼDHT)

テストステロンの作用は、筋肉の増強や体毛の増加ですが、これがDHTに変換されることによって初めてハゲや薄毛を引き起こすことが知られています。また、5αリダクターゼの量は遺伝で決まっているといわれていて、遺伝もハゲや薄毛に関わってくることになります。

AGAは病気でもあるので、上で説明した原因の病気にも含まれますね。

遺伝によるハゲ薄毛について

遺伝によるハゲや薄毛は、現在では、対策法があります。それが、この遺伝子解析付きの育毛剤「ペルソナ」です。遺伝子検査で最適な育毛剤を選んでくれるので、1人1人にあった薄毛対策ができます。

遺伝子検査付き育毛剤ペルソナ

まとめ

このように、ハゲや薄毛には多くの原因が考えられます。

円形脱毛症などの病気の場合は、病院に行った方がいいかもしれません(しかし薬はとても高価)。

しかし、それ以外の原因の場合や病院に行きたくない場合でも、育毛剤や生活習慣などを適切に見直すことによって対策できる可能性があります。今はいい育毛剤(本当に育毛に良いが含まれているもの)も多く販売されていますので、良い育毛剤を使うことはとても大切です。おすすめの育毛剤はチャップアップ(CHAPUP)です。(参考:育毛剤比較

AGAに悩む皆さんも当サイトを参考にして、ぜひ対策を始めてみてはいかがでしょうか?

チャップアップ(CHAPUP)