ハゲ薄毛対策にいい食べ物とは?

皆さん、ジャンクフードは好きですか?

マクドナルドとか、ケンタッキーとか、大盛りのラーメンとか…etc

ジャンクフードって美味しくて中毒性のあるものばかりですよね。しかし、これらの食べ物は薄毛やハゲに対してよくないと言われています。ハゲ薄毛対策のためには、髪の毛の成長に良い食べ物を選んで食べることが重要です。そこで、今回は、ハゲや薄毛対策にいい食べ物についてまとめてみました。こういう食べ物は、ハゲや薄毛の雑学として知っておいてもいいかもしれませんね。

私はラーメンなどのジャンクフードが大好きなので、もしかしたら、これらの食事が原因で薄毛になってしまっていたのかも…と思います。なので、しっかりと調べてみました。

 

納豆

納豆は定番ですね。ハゲや薄毛対策にいいと言われている食べ物の代表格でしょう。納豆に含まれている成分としては、タンパク質や、イソフラボン、ビタミンB2、ナットウキナーゼなどがあります。

タンパク質は髪の毛を作る元になりますし、イソフラボンは女性ホルモン様の作用を持つので、薄毛やハゲの原因となるテストステロンの分泌を抑制します。

ビタミンB2は頭皮環境の改善に効果があり、ナットウキナーゼは血液をサラサラにして血行を改善させる効果があるようです。血行改善は、毛髪に対して栄養を送り届けやすくする効果があるため、大変重要な働きでしょう。

 

ナッツ

ナッツ類には、タンパク質が多く含まれていて、ハゲ薄毛対策には欠かせない毛髪そのものを作る材料となります。また、ビタミンEも含まれていて、血行を促進する働きがありますので、これも毛髪に栄養を届けやすくする効果があります。

また、ナッツ類のなかでもクルミには、オメガ3脂肪酸が含まれているので、毛髪を美しく保つ効果があります。アーモンドやカシューナッツ、ピーカンナッツには、亜鉛が含まれていて、これも毛髪を美しく保つ効果があるそうです。

 

辛い食べ物

辛い食べ物には、カプサイシンが含まれています。カプサイシンは、血行促進作用や、疲労回復作用、肥満改善作用などがあると言われています。これらの作用によって、辛い料理は、ハゲ薄毛対策に効果を発揮するのです。辛い麻婆豆腐などの中華料理や、韓国料理などは髪の毛に良いかもしれません。

もう少し詳しく解説します。

カプサイシンの血行促進作用は、頭皮の血行を改善し、髪の毛に栄養を届けやすくすることができます。髪の毛に栄養をしっかり届けることで、髪の毛の成長に好影響を与えると考えられています。

また、カプサイシンの疲労回復作用は、ストレスの軽減や睡眠の質の改善につながると言われています。ストレスはハゲや薄毛の原因であると考えられていますし、睡眠不足もハゲや薄毛の原因であると考えられていますので、これらを改善することができる、カプサイシンを含む辛い食べ物は育毛に良さそうです。

さらに、カプサイシンの肥満解消作用は、カプサイシン摂取によるアドレナリンの分泌による効果であると考えられています。肥満もハゲや薄毛の原因の一つと言われていますので、肥満を改善することで、ハゲ薄毛対策になると言えそうです。

また、便秘解消作用や、コレステロールを下げる作用もあるので、生活習慣病の予防にも良さそうです。色々な原因が重なっておこる薄毛にはうってつけの成分かもしれません。

⇒参考:辛い料理がハゲ薄毛対策に良いのは本当か?

 

今後、リサーチをしてこの記事に髪に良い食べ物に関する情報を追加していこうと思います。