髪の毛の構造

今回は、ハゲ対策薄毛対策に関して理解するためにも重要な髪の毛の構造について解説していきたいと思います。これらの機能を理解することで、髪の毛を守るための知識につながっていきます。

 

髪の毛の3層構造

髪は3つの構造に分かれています。髪の毛の構造は、外側から、「キューティクル」、「コルテックス(皮質)」、「メデュラ(髄質)」となっています。これらは、それぞれ異なる機能を持っています。この記事では、それぞれについて見ていきたいと思います。

 

キューティクル

普段何気なく使っているシャンプーやリンスなどにもキューティクルを修復することを謳っているものがあると思います。。キューティクルは、髪の表面にあります。これは、髪の毛を守る保護膜のようなものです。キューティクルの役目は、髪の内部を保護することにあります。

キューティクルが剥がれると、髪のダメージが蓄積し、進行していくことになります。キューティクルがしっかりしていれば、髪はツルツルしていますが、これが剥がれてくると、ザラザラした肌触りになります。このような性質があるので、自分の髪の毛を触ってみることで、キューティクルがダメージを受けているかどうかを確認することができます。

ちなみに、かなりハゲていた頃の私の髪の毛はザラザラしていたので、キューティクルが大ダメージを受けていそうでした(笑)

 

コルテックス(皮質)

コルテックスは、髪の内部を形づくる組織です。髪の毛全体の90%を占めます。このコルテックスが髪の強さしなやかさに関わってきます。

メデュラ(髄質)

メデュラは、髪の毛の中心にあります。これは、太い髪の毛にはありますが、細い髪の毛には存在していないことがわかっています。