失敗しない育毛剤の選び方

現在、たくさんの種類の育毛剤が売られています。薬の成分が入っている育毛剤や、漢方薬の成分が入っている育毛剤頭皮に優しい自然由来の成分のみで作った育毛剤など様々です。私も肌が弱いので、できるだけ、チャップアップ(CHAPUP)などの自然由来の肌に優しい育毛剤を使うように工夫しています。

当サイトでもたくさんの育毛剤を紹介していますが、これだけたくさんの育毛剤があると、育毛剤選びに迷ってしまう方も多いと思います。安い育毛剤を購入するという選択肢もありますが、ハゲ薄毛AGAの対策を失敗しないためには早くからしっかりと効果のある育毛剤で薄毛対策をすることが重要です。

そこで、今回は、薄毛対策やハゲ対策として有効な育毛剤の選び方について当サイトの見解も交えながら説明していきたいと思います。

 

ハゲ対策に効果のある有効成分が入っているか

育毛剤にしっかりと育毛に効果のある有効成分が入っているかはとても重要です。やはり、育毛や発毛に効果のある成分の配合されている育毛剤を使わなければ効果は望めないでしょう。

しかし、有効成分がなんなのかを知らない人が多いのも事実です。そこで、薄毛に効果の望める有効成分は何なのかを解説していきたいと思います。

有効成分は複数ある

有効成分といっても、いくつかあり、としてその有効性が認められているミノキシジルプロペシアが入っているのがベストですが、これら以外にも薄毛に対する育毛効果があるというエビデンス(根拠)がいくつか得られている成分も多数ありますので、これらが配合されている育毛剤も効果があるといえるでしょう。

 

漢方薬の成分

育毛効果があると考えられる成分としては、漢方薬の成分が多いです。これらは、東洋医学という西洋医学とはまた別の領域で使われている薬です。これらは、中国の長い歴史の中で培われて来た知識や知恵が集結した薬です。例えば、センブリエキスカンゾウエキスなどがこれに当たります。

育毛剤を選ぶときは、このような、育毛効果のある成分が入っている育毛剤を選びましょう。

 

頭皮が弱い人は植物由来や自然由来の成分で作られた育毛剤をつかう

頭皮が弱い人は、AGAに効果のあるミノキシジルなどの薬が入った育毛剤では、アレルギーや副作用によって、よりAGAや薄毛やハゲを悪化させる危険性があります。そのような場合は、植物由来・自然由来の成分を中心に使った育毛剤を使うべきです。

そもそも薄毛やハゲの人にはこのように、頭皮の弱い人が多いと思います。また、そのような人や、リアップなどのミノキシジルが配合されている発毛剤を使って頭皮が痒かったり、赤くなったり、フケが出てしまったりした人は、出来れば自然由来や植物由来の成分を中心に作られた育毛剤を使うべきだと思います。

個人的には、ミノキシジルが配合された育毛剤を使っているときに、フケが増えたり、かゆくなったりしたので、今では、ミノキシジルが配合されていないものを使っています。

頭皮によく浸透する

有効成分が配合されていても、頭皮深くに浸透して毛根まで育毛剤の成分が届かなければ、育毛剤を使用しても意味がありません。最近はナノ粒子を使ったりして、頭皮に浸透しやすく工夫している育毛剤ナノインパクト100や、頭皮環境を改善させる成分も同時に配合して、頭皮の状態をよくして浸透を助けつつ有効成分を頭皮深くの毛根に届ける育毛剤なども発売されています。

通常のネットなどで購入できる育毛剤を使ってみて、数ヶ月経過してもなかなか育毛効果が出ないという人は、このような頭皮によく浸透する育毛剤を使ってみるのもいいかもしれません。