プロペシアの飲み方・使い方・使用上の注意点・副作用

プロペシア(一般名:フィナステリド)は、2005年よりMSD株式会社が発売している、ハゲ薄毛の原因の一つである男性型脱毛症に対して非常に効果のある治療薬です。プロペシアは、ミノキシジルと並んで非常に効果のある薬です。プロペシアは、医師の処方が必要な薬剤の一つで、副作用が出る可能性もあるので、使用には注意が必要な薬剤です。そこで、今回は、プロペシアの飲み方や、使い方、使用上の注意点、副作用になどについて解説していこうと思います。

 

プロペシア(フィナステリド)の飲み方・使い方

プロペシア(フィナステリド)は、1日1回の内服で効果があります。1日1回、決まった時間に毎日飲むことが大事です。毎日継続していかないと、効果が出ない可能性があります。育毛剤ミノキシジルとの併用で効果をさらにアップさせることができると考えられています。

 

プロペシア(フィナステリド)の使用上の注意点

プロペシア使用上の注意点をいくつかまとめてみたいと思います。

AGAのみに効果を発揮

プロペシア(フィナステリド)は、男性型脱毛症治療薬であるので、男性型脱毛症(AGA)にしか効果がありません。したがって、プロペシアは、円形脱毛症、抗がん剤などによる脱毛症には適応がありません。(参考:脱毛症を起こす病気

 

男性しか使用できない。女性は注意!

また、プロペシアは、女性に対しては適応がなく、妊婦や妊娠している女性が服用すると、男性胎児の生殖器官の正常発育に悪影響を及ぼすおそれがありますので、絶対に妊娠している女性や妊娠の可能性のある女性は服用してはいけません。

 

効果を実感するまで6か月必要

効果を実感するには、プロペシアの内服を続ける必要があります。大体6か月程度内服を続ける必要があると考えられています。これより短い期間でプロペシアの内服をやめてしまうと、プロペシアに効果があるのかどうかわからないままやめてしまう事になるので、しっかり6か月は続けましょう。6か月以上続けて効果が出ないようなら、また医師に相談しましょう。

 

途中でやめてはいけない

また、プロペシアをやめると、効果がなくなってしまい、薄毛が進行してしまう恐れがあります。費用などの問題もあるとは思いますが、せっかくハゲや薄毛がプロペシアの内服によって改善してもやめてしまうとそれ以上の回復が見込めないだけでなく、薄毛やハゲがさらに進行することになる可能性があります。プロペシア内服による効果を持続させるためには、プロペシアを飲み続ける必要があるので、頑張りましょう。

 

前立腺がん検診を受ける際に注意が必要(プロペシアの服用を知らせる必要がある)

その他の注意点としては、前立腺癌検診を受ける人は、プロペシアを服用していることを知らせてから検診をうける必要があります。プロペシアを服用していると、前立腺癌の検査項目であるPSA値が半分になってしまうためです。これは忘れてしまう人がいるかもしれませんが、せっかく検診を受けたのに意味がなくなってしまうので、覚えておきましょう。

 

服用中は献血ができない

プロペシアを服用している方は、献血もしてはいけません。妊娠している女性や、妊娠の可能性のある女性への輸血によって、プロペシア服用者の血液が女性の体内に入ることになり、その方の男性胎児の生殖器に悪影響を及ぼす可能性があるためです。

 

以前プロペシアで副作用が出た方は服用できない

また、以前にプロペシアの内服で、副作用が出た方も使用してはいけません。これは、プロペシアの服用によって、以前と同じように副作用が出る可能性があるためです。

 

プロペシア(フィナステリド)の副作用

プロペシアの副作用をいくつか挙げたいと思います。

肝機能障害

プロペシア(フィナステリド)の重大な副作用として、肝機能障害が起こる可能性があります。肝機能障害が起こる頻度は不明ですが、可能性としてあり得るので、身体の怠さを感じたり、血液検査でγ-GTPや、ASTやALTなどの値が上昇しないか、念のため注意しましょう。

性欲減退・インポテンツ

また、頻度としては、1%未満ですが、プロペシアの服用によって、性欲減退やインポテンツの可能性があります。頻度は1%以下ですが、これも念のため注意していきましょう。プロペシアの使用中に、これらの副作用が現れたら、適切な医療機関を受診するようにしてください。

 

アレルギーや不妊症・乳房肥大・抑うつなどその他の副作用

その他の副作用としては、プロペシアに対するアレルギーとして、発疹、蕁麻疹、掻痒感、血管浮腫などがあり、生殖器の症状として、睾丸痛や男性不妊症などがあります。また、乳房圧痛や、乳房肥大、抑うつやめまいなどの症状が生じる可能性もあります。プロペシア服用時には、これらの症状にも注意しましょう。

 

プロペシアを処方しているクリニック

プロペシア(フィナステリド)はクリニックで処方箋をもらわなければ手に入れることはできませんので、クリニックに行く必要があります。

当サイトでもプロペシア(フィナステリド)を処方しているクリニックを紹介しています。

クリニック一覧

クリニック一覧をまとめている記事が下の記事なので、この中から良いと思うクリニックを選んでみてください。どれも素晴らしいクリニックです。

AGA治療クリニック一覧

東京のAGA治療クリニック一覧

プロペシアだけでなく、自毛植毛やハーグ療法など様々な治療を行っているクリニックも紹介しているので、プロペシア(フィナステリド)だけではなく、別の治療法を検討している方の参考にもなるかと思います。

 

サプリメントの飲み方も解説

ちなみに、当サイト(ハゲ薄毛対策.com)では、抜け毛を防ぐためのサプリメントなどの飲み方についての記事も書いています。サプリメントには、チャップアップ(CHAPUP)サプリメントなどがあります。

チャップアップサプリメントの飲み方