円形脱毛症とは-用語集

円形脱毛症は、脱毛症を引き起こす疾患の一つです。円形脱毛症は、脱毛の原因として最も多い疾患であり、いわゆる十円ハゲといわれる状態を引き起こす疾患です。円形脱毛症は自然に治ることが多い脱毛症です。

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の原因としては、精神的ストレスが原因であると考えられていましたが、現在では自己免疫が原因と考えられています。したがって、円形脱毛症は、AGA(男性型脱毛症)FAGA(女性男性型脱毛症)とは全く異なる疾患なのです。

 

自己免疫とは、細菌・ウイルスなどからの感染から自分自身の身体を守るために存在する免疫が、本来は攻撃しないはずの自分の体の成分に反応して損傷を与えてしまうことをいいます。

 

円形脱毛症では、頭髪は抜けてしまっても、毛包は残っているので、発毛の可能性があります。

 

円形脱毛症の症状

続いて、円形脱毛症の症状について解説します。円形脱毛症では頭髪の一部が円形に突然抜けてしまいます。脱毛が進行している場所の毛髪は簡単に抜けてしまったり、抜けた毛の毛先が尖っていたり切れ毛になっています。

 

円形脱毛症の類縁疾患としては、頭の毛がすべて抜けてしまう全頭脱毛症、眉毛・まつ毛・腋毛・陰毛などの体中の毛も抜けてしまう汎発型脱毛症があります。

症状は毛だけではなく、爪にも点状のへこみが現れることもあります。

 

また、円形脱毛症はアトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー性疾患や自己免疫性疾患などと合併することが多い疾患です。円形脱毛症に加えて、アトピー素因を持つ場合は重症化する可能性もあるので、アトピー性皮膚炎などの合併がある場合には注意が必要となります。

 

 ##円形脱毛症の診断

円形脱毛症の診断には自己抗体の検査をします。

 

円形脱毛症の治療

円形脱毛症の治療は基本的には対症療法となります。具体的には脱毛部位の免疫を抑えたり、変調させる方法が行われています。非特異的に脱毛部位を刺激する治療もあります。

一般的に、円形脱毛症の外用治療としてはステロイド外用などが行われており、通常皮膚科で治療されます。

円形脱毛症が難治性の場合は、PUVA療法やナローバンドUVB療法という紫外線治療などを行います。これには過剰に増殖したリンパ球を減らす効果があり、免疫を抑えることで効果を発揮します。PUVA療法ではソラレンを外用し、円形脱毛症による脱毛部位に紫外線(UVA)を照射することで治療します。

また、円形脱毛症に対する非特異的刺激療法として、液体窒素を使った液体窒素凍結治療が行われることもあります。脱毛部位に液体窒素をひたした綿棒を接触さたり、液体窒素をスプレーで吹きつけて治療します。しかし、この治療法はエビデンス(根拠)に乏しいので、注意が必要です。

 

また、円形脱毛症には、接触免疫療法という治療もあります。これは、円形脱毛症の脱毛部位の免疫を変調させることで治療します。接触免疫療法では、SADBEなどの化学物質に対する接触皮膚炎という疾患を意図的に引き起こします。これは、まれに全身性接触皮膚炎などの副作用を引き起こすことがあるため注意が必要です。

 

円形脱毛症の脱毛部位が広範囲で難治性の場合は、ステロイド外用だけでなく、ステロイド薬の内服が行われます。ただし、円形脱毛症に対するステロイド薬の全身投与は、中止すると再び脱毛が始まってしまいます。円形脱毛症だけでなく様々な疾患の使用に対して、長期にわたるステロイド使用を行うことは、様々な副作用(骨粗鬆症など)を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

 

(参考:円形脱毛症治療ガイドライン


円形脱毛症とは-用語集” に対して 2 件のコメントがあります

この投稿はコメントできません。