ハゲや薄毛、AGA、FAGAは遺伝で決まるの?-FAQ

ハゲや薄毛の原因の一つに遺伝が挙げられることが多いと思いますが、ハゲや薄毛、AGAFAGAなどは遺伝によって決まるのでしょうか?

詳しく解説していきたいと思います。


オススメの育毛剤チャップアップ公式はこちら⇒チャップアップ(CHAPUP)

遺伝でハゲや薄毛、AGAやFAGAになるの?

遺伝でハゲや薄毛、AGAFAGAになることはあります。実際に、親や祖父母が薄毛の場合は、ハゲや薄毛になる確率が高いと思います。親子代々薄毛という家庭もあると思います。

 

ハゲや薄毛、AGAやFAGAの原因は遺伝だけなの?

AGAは遺伝するって本当?
はい、本当です。 正確にはAGAになりやすい体質が両親から子供へと遺伝されます。

しかし、AGAの発症には遺伝以外にもたくさんの要因があります。 ですから、遺伝だけが全てというわけではありません。

出典:AGAは遺伝によって発症する!?〜若ハゲの原因を徹底解説〜 | ハゲラボ

ハゲや薄毛、AGAやFAGAの原因に遺伝があるのは事実ですが、それ以外にも様々な要因が組み合わさることによってハゲや薄毛になります。遺伝以外の要因だけでも、ハゲや薄毛になることもあります。

親がハゲじゃないからといって安心は出来ないということですね。また、親が薄毛だったり、祖父母のどちらかが薄毛という場合には、ハゲや薄毛の対策をしっかりしなければハゲや薄毛になってしまう可能性が高くなります。

 

遺伝でハゲや薄毛、AGA、FAGAになるメカニズム

詳しく解説されている医療法人のサイトがあったので、引用させていただきます。

遺伝しているのは「5α-リダクターゼが生成されやすい体質」ここで問題なのは、男性ホルモンはすべての男性に存在しているのに、なぜ全員がAGAにならないのか、という点です。
これこそ「薄毛は遺伝」とされる最大の要因なのですが、DHTのもととなっているテストステロンに関しては、分泌量に個人差というものはほぼ存在しません。
ですが、DHT生成のもうひとつの要因となっている5α-リダクターゼ分泌量には大きな個人差があることがわかっているため、AGAになる人とならない人の違いは、5α-リダクターゼの分泌量の多さにあると言うことができます。
そして、この5α-リダクターゼが生成されやすい体質こそが、遺伝として受け継がれているというのが現在の最有力説となっています。

出典:医療法人昴会 野村医院|薄毛と遺伝の関係

このように、遺伝ではテストステロンの量には差がなく、5αリダクターゼの分泌量の差を決める遺伝子の違いによるのです。遺伝子によって、5αリダクターゼの分泌量が多い人ほど、ハゲや薄毛になりやすいということになります。巷では、テストステロンの量の違いによるという説が多いと思いますが、私が調べたところでは、それは関係ないようです。

 

また、5αリダクターゼの分泌量だけでなく、もう一つAGAの原因となる遺伝子があります。それは、アンドロゲンレセプターの遺伝子です。

アンドロゲンレセプター(AR)遺伝子は6個のエクソンから成っていますが、そのうちの第1エクソンに存在するCAGおよびGGCの繰り返し数にはわずかながら個人差が存在しています。

ところでAR蛋白はAR遺伝子を鋳型にして合成されます。そのときCAGおよびGGCの繰り返しが少ないと、AR蛋白の合成効率(すなわちAR遺伝子の発現効率)が高くなると考えられています。それによって、細胞の中にAR分子が沢山できます。AR分子が沢山できることでアンドロゲン(例えばDHT)をよく受け取るため、その作用を受けやすくなります。AGAになりやすいのは、それらの細胞がDHTの作用を受けやすいためだと考えられており、CAGおよびGGCの繰り返し数がAGAの発症および進行に深く関係しています。

出典:アンドロゲンレセプターの遺伝子検査 | 研究・開発レポート | アンファー研究所 | 予防医学のアンファー株式会社

このように、AGAになりやすいのは、アンドロゲンレセプターの個人差によるのです。アンドロゲンレセプターは、髪の毛の根本にある毛乳頭細胞内に存在しています。また、ここでいうエクソンというのは、遺伝子の配列だと思っていただいて差し支えありません。

遺伝子の配列の違い(引用文中のCAGやGGCなどが配列)によって、個人個人のアンドロゲンレセプターのDHT(ジヒドロテストステロン)の感受性に変化が生じることになるのです。このDHT感受性が高いほどハゲや薄毛になりやすいということになります。

 

まとめると、遺伝によってハゲになる原因には2種類が考えられ、5αリダクターゼの産生量が多くなってしまい、薄毛やハゲになってしまうものと、アンドロゲンレセプターのDHT感受性が上がってしまいハゲや薄毛になってしまうものがあります。

他にも、多くの因子が存在すると思われます。

 

遺伝子検査付きの育毛剤が存在する

このように、ハゲや薄毛は遺伝が原因となることもあります。しかし、遺伝子検査をしたいけどどうしたらいいか分からないという方も多いと思います。

そのようなとき、遺伝子検査付きの育毛剤が役に立ちます。

公式はこちら⇒遺伝子検査付き育毛剤ペルソナ

この育毛剤なら、遺伝子検査をしてくれて、その結果から最適な育毛剤を選んでくれます。

 

ハゲや薄毛、AGA、FAGAの原因は遺伝で決まるのかについてのまとめ

以上のように、遺伝がハゲや薄毛、AGAFAGAなどの原因になることは間違いないようです。しかし、遺伝だけがハゲや薄毛、AGAFAGAの原因になるわけではありません。

遺伝以外にも、食生活や、運動不足、飲酒や喫煙、ストレスなど様々な要因が組み合わさることによってハゲや薄毛になるのです。

したがって、ハゲや薄毛は遺伝だからといってあきらめずに、育毛剤による対策やクリニックでの治療、生活習慣の見直しなどの対策をすることが重要なのです。

遺伝がどうしても気になってしまい、遺伝子検査がしたいという場合は、上で紹介した遺伝子検査付き育毛剤ペルソナの購入を検討してもいいかもしれませんね。

 

オススメの育毛剤

当サイトでオススメしている育毛剤をいくつか紹介したいと思います。

まず、オススメなのが、チャップアップ(CHAPUP)です。このチャップアップという育毛剤は、天然由来成分が主体の育毛剤です。最近話題の育毛剤で、センブリエキスやグリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCなどの成分が配合されています。

他にオススメなのが、濃密育毛剤BUBKAです。ブブカもチャップアップと同様に天然由来成分主体の育毛剤です。こちらは、ミツイシコンブエキス(M-034エキス)というミノキシジルと同等の育毛パワーと言われる成分を多く配合しています(チャップアップにも配合されています)。ブブカの特徴は、ノンアルコールであることと、コラーゲンを配合していることです。

オススメのサプリメント

上で紹介したチャップアップ(CHAPUP)の購入時についてくるチャップアップサプリメントや濃密育毛剤BUBKA購入時についてくるブブカサプリメントがオススメです。

育毛剤と一緒に購入すると安くなるのと、育毛剤との相乗効果が期待できるからです。

他にオススメなのが、[Growth Project.]BOSTONサプリメントです。

※記事の内容は、効能・効果・安全性を保証するものではありません。当サイトの情報を利用する場合には、医師や薬剤師にご相談し、ご自身の責任の上で利用するようにしてください。


以上で、育毛剤に関する記事で読まれている記事のランキングを終わりたいと思います。読んでくださいましてありがとうございました。今後も皆さんのためになる記事をガンガン書いていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。