チャップアップに配合されている成分

当サイトでもオススメしている女性でも男性でも使用可能な育毛剤チャップアップですが、チャップアップに配合されている成分には本当にAGAなどに効果があるのでしょうか?(チャップアップについて詳しくはこちら:チャップアップのメリット・デメリット・効果

今回の記事では、チャップアップの配合成分とその効果について解説していきます。

チャップアップは、抜け毛が減る育毛剤No.1、満足度が高い育毛剤No.1、副作用がない・少ない育毛剤No.1の商品ですが、そのチャップアップに含まれる有効成分についてもう一度詳しく解説したいと思います。


チャップアップ公式はこちら⇒チャップアップ(CHAPUP)

チャップアップの詳しい解説はこちら⇒育毛剤チャップアップ

 

チャップアップに含まれている成分

育毛剤チャップアップには、様々な育毛有効成分が含まれています。

チャップアップには、3種の育毛有効成分である、「センブリエキス」と「グリチルリチン酸」と、「ジフェンヒドラミンHC」と、様々な育毛成分全44種類を配合しています。

チャップアップに配合されている全44種類の育毛成分を分類すると、血流改善を目的とした成分12種類と、硬化の改善を目的とした成分3種類と、皮脂の過剰分泌を抑制することを目的とした成分2種類と、5αリダクターゼの生成を抑制することを目的とした成分4種類と、頭皮環境の改善を目的とした成分10種類と、髪の毛を作ることを目的とした成分(アミノ酸)13種類となります。

この中の「硬化」とは、タンパク質や脂肪などが糖(グルコース)と反応して変性してしまうことです。

 

チャップアップは、このようにたくさんの成分が含まれていることがメリットの育毛剤です。チャップアップには、かなり多くの種類の成分が配合されているので、チャップアップに含まれるそれぞれの成分の目的別に表にまとめてみました。

【血流改善を目的とした成分12種類】

センブリエキス、オウゴンエキス、海藻エキス、ジオウエキス、シナノキエキス、ショウキョウエキス、センキョウエキス、トウキエキス、ニンジンエキス、ヒキオコシエキス、ボタンエキス、D-パントテニルアルコール

 

【硬化の改善を目的とした成分3種類】

ウメ果実エキス、チンピエキス、マロニエエキス

 

【皮脂の過剰分泌を抑えることを目的とした成分2種類】

ダイズエキス、ドクダミエキス

 

【5αリダクターゼの生成を抑制することを目的とした成分4種類】

オウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス

 

【頭皮環境の改善を目的とした成分10種類】

アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、サクラ葉抽出液、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス

 

【髪の毛をつくることを目的とした成分(アミノ酸)13種類

DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-アスパラギン酸、L-アラニン、L-アルギニン、L-イソロイシン、L-スレオニン、L-セリン、L-バリン、L-ヒスチジン、L-ピロリドンカルボン酸、L-フェニルアラニン、L-プロリン、グリシン

 

このように、チャップアップ(CHAPUP)には、本当にたくさんの成分が含まれているのです(チャップアップのメリットは、このようにたくさんの成分が含まれていることです。)。それぞれの成分の中でも特に効果の高そうな成分について、解説していきたいと思います。

 

センブリエキス

チャップアップの3種の育毛成分にも入っているセンブリエキスには血行促進の効果があり、頭皮の血流を改善することで、頭髪の成長を促進します。頭皮の血流を改善することで、細胞分裂を活性化し、毛母細胞に働きかけ、その働きを活性化し、髪の毛の生産活動を増加させます。

センブリエキスには、頭皮を保湿する効果もあるので、血流改善だけでなく、頭皮環境改善の効果も期待できます。

このセンブリエキスは、多くの育毛剤や育毛シャンプーに含まれている成分ですので、ある程度の効果が認められている成分でもあります。したがって、チャップアップには、しっかりとした効果が保証されているものと思っていいと思います。

 

グリチルリチン酸(グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸2K)

チャップアップに含まれている「グリチルリチン酸」は、カンゾウと呼ばれる漢方薬によく使われる生薬に含まれている成分です。頭皮トラブルとして、頭皮の毛穴に皮脂が詰まり、炎症が起きるというものがありますが、グリチルリチン酸は、その炎症を抑える効果があります。

したがって、グリチルリチン酸が含まれていることによって、頭皮環境の改善につながるのです。頭皮環境が改善すると、育毛剤の浸透がよくなったり、栄養が毛母細胞に届きやすくなったりと、多くのメリットがあると考えられるので、チャップアップは育毛に効果があると考えられます。

 

ジフェンヒドラミンHC(ジフェンヒドラミン塩酸塩)

チャップアップに含まれている「ジフェンヒドラミンHC」は、ジフェンヒドラミン塩酸塩とも呼ばれます。ジフェンヒドラミンHCは、ヒスタミンを阻害する効果があり、抗炎症作用があります。湿疹、蕁麻疹、皮膚の炎症、かゆみなどを抑えることができる成分です。

また、ジフェンヒドラミンHCには、血行促進作用もあります。これらの効果があることから、育毛に効果があるとされています。

 

海藻エキス

上の表では、海藻エキスと表記されていますが、実はこれ、ミツイシコンブエキス(M-034)なのです。ミツイシコンブエキス(M-034エキス)は、最近注目されている育毛成分です。この成分は、AGA治療薬であるミノキシジルに匹敵する育毛パワーがあるとされています。ミノキシジルに匹敵する育毛パワーがある一方で、北海道に自生する植物である北海道ミツイシコンブのエキスなので、自然由来の成分であることから、副作用の心配がありません。

ミツイシコンブエキスは、チャップアップの他に、濃密育毛剤BUBKAなどの育毛剤に配合されている成分です。ブブカの方がこの成分を多く含んでいます。

 

ダイズエキス

チャップアップに含まれているダイズエキスには、イソフラボンが含まれています。イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるので、男性ホルモン(特にジヒドロテストステロン DHT)を抑えることで、AGAの進行を抑える効果があると考えられています。チャップアップは、イソフラボンが含まれているため、女性にも人気の育毛剤のようです。

 

オウゴンエキス

チャップアップに含まれているオウゴンエキスには、5αリダクターゼを阻害して、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制する効果があります。このDHTが薄毛やハゲの進行の直接の原因となるそうです。

したがって、チャップアップには、育毛効果があると言えそうです。

 

チャップアップの購入方法

こちらの公式ホームページからお申込みすることができます。

チャップアップ(CHAPUP)

 

チャップアップ関連記事一覧

育毛ローション


サプリメント


他の育毛剤との比較

 

これだけ多くの有効成分が入っているチャップアップで効果が出なかったら?

これだけたくさんの有効成分が含まれているチャップアップ(CHAPUP)ですが、薬ではないので、すべての人に育毛効果があるとは限りません。その場合は、他の育毛剤を試してみるか、それでもダメならクリニックでハゲや薄毛、AGA専門の治療を受けてみることをオススメします。

ハゲや薄毛も病気の一つです。今は多くの人がクリニックで治療を受けていますし、AGA専門外来や薄毛外来、FAGAや女性の薄毛専門外来を行っているクリニックも多くありますので、それらのクリニックに受診してみると良いでしょう。

クリニックの一覧も当サイトでまとめているので、ぜひご覧になってみてください。(ハゲ・薄毛治療クリニック一覧

 

また、食生活の改善やサプリメントなどを摂取することも重要です。育毛剤だけでなく、これらも複合してハゲや薄毛の対策をしていくことでより高い育毛・発毛効果を得ることができると思います。(参考:ハゲや薄毛、AGA対策になる食べ物ハゲや薄毛・AGA対策用サプリメント

 

オススメの育毛剤

当サイトでオススメしている育毛剤をいくつか紹介したいと思います。

まず、オススメなのが、チャップアップ(CHAPUP)です。このチャップアップという育毛剤は、天然由来成分が主体の育毛剤です。最近話題の育毛剤で、センブリエキスやグリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCなどの成分が配合されています。

他にオススメなのが、濃密育毛剤BUBKAです。ブブカもチャップアップと同様に天然由来成分主体の育毛剤です。こちらは、ミツイシコンブエキス(M-034エキス)というミノキシジルと同等の育毛パワーと言われる成分を多く配合しています(チャップアップにも配合されています)。ブブカの特徴は、ノンアルコールであることと、コラーゲンを配合していることです。

オススメのサプリメント

上で紹介したチャップアップ(CHAPUP)の購入時についてくるチャップアップサプリメントや濃密育毛剤BUBKA購入時についてくるブブカサプリメントがオススメです。

育毛剤と一緒に購入すると安くなるのと、育毛剤との相乗効果が期待できるからです。

他にオススメなのが、[Growth Project.]BOSTONサプリメントです。

※記事の内容は、効能・効果・安全性を保証するものではありません。当サイトの情報を利用する場合には、医師や薬剤師にご相談し、ご自身の責任の上で利用するようにしてください。