睡眠不足がハゲや薄毛を進行させる3つの理由

皆さん、睡眠はしっかりとっていますか?睡眠不足の状態になると髪の成長によくないので、ハゲや薄毛につながると聞いたことがあるかと思います。私も睡眠不足になってしまうことが多いのですが、ハゲや薄毛に睡眠不足が悪いと聞いて、睡眠をしっかりとらなきゃなと考え直させられました。

そこで、今回は、睡眠不足ハゲ薄毛を進行させる3つの理由を紹介したいと思います。

 

理由その1 髪の毛のダメージからの回復は睡眠中に行われる

日中受けた髪の毛や頭皮へのダメージは、睡眠中に回復が行われているのです。

紫外線は髪の毛や頭皮に少なからずダメージを与えますし、何気なく髪の毛を掻いた場合にも、自分の爪で髪の毛にダメージを与えている可能性があります。

人間は、そういった頭皮・髪の毛のダメージを、睡眠中に修復しています。

出典:【何時間寝ればOK…?】睡眠不足で薄毛・ハゲにならない為に。 | ハゲラボ

このように、睡眠は、日中紫外線などから受けた髪の毛や頭皮へのダメージを修復するために重要な働きをしています。したがって、睡眠不足になると、このようなダメージからの回復ができずに徐々にダメージが蓄積していき、毛母細胞や頭皮環境などに影響を与えて薄毛やハゲが進行することになるのです。睡眠不足で頭髪へのダメージが増えすぎないようにしっかり睡眠をとりましょう。

理由その2 睡眠不足でストレスが貯まる

睡眠はストレスからの回復のために重要な働きをしています。

ストレス解消法のひとつに、快適な睡眠があります。「快適な睡眠」とは起きたときに気持ちがいい睡眠、日中に眠くならない睡眠のことです。快適な睡眠に必要な時間には個人差があります。また15分程度の昼寝をすることは、仕事の効率アップにつながるといわれています。

出典:15分でわかるセルフケア – こころの耳 – 厚生労働省

このように、ストレスからの回復には、快適な睡眠をしっかりとることが重要だと言われています。ストレスはハゲや薄毛の原因として知られているので、睡眠不足でストレスが溜まってしまうことはハゲや薄毛の原因となると考えられます。しっかり睡眠をとってストレスを解消しましょう。

理由その3 睡眠不足でホルモンバランスが崩れる

成長ホルモンなど、様々なホルモンは睡眠中に分泌されることが知られています。成長ホルモンは、髪の毛の成長にも深くかかわっているので、睡眠不足になると髪の毛の成長が悪くなってしまい、髪の毛が細くなり、薄毛やハゲを進行させることになります。

また、成長ホルモンだけでなく、その他のホルモン分泌にも関与しているのが睡眠ですので、それらのホルモンバランスが崩れてしまうと、薄毛やハゲの原因となることも考えられると思います。

 

睡眠不足を解消する方法

睡眠の質が悪い状態でダラダラ長く寝続けても「あまり眠った気がしない」や「目覚めが悪い」というような状態になってしまい、充分な睡眠がとれたとは言い難い状態になってしまいますので、睡眠の質を改善することが睡眠不足の解消に重要な要素となります。

睡眠の質は、睡眠を補助するサプリメントなどを飲むことで改善することができます。

睡眠を補助するサプリメントとしては、すっきりとした目覚めや疲労感の回復などに効果があるリフレの「睡眠サポートサプリ。【機能性表示食品】リフレのぐっすりずむ」などがあります。リフレのぐっすりずむには、一過性作業のストレス緩和にも有効な機能性関与成分L-テアニンが配合されていますので、ストレス解消にも非常に効果的な商品です。

睡眠サポートサプリ。【機能性表示食品】リフレのぐっすりずむ


下記の商品(DMJえがお生活の機能性表示食品『テアニン快眠粒』)にもL-テアニンが含まれています。初回購入の場合はこちらの方が安いです。

機能性表示食品『テアニン快眠粒』


それ以外に、寝具を自分に合ったものに変えるということも睡眠の質の改善には有効です。下のバナーのリンク先のような高反発のものなら、どんな人の身体にもフィットするので、全てに人に合った寝具である可能性が高そうです。

 


また、睡眠の質の改善には、水素水や酵素、ミドリムシ(ユーグレナ)なども有効であると考えられます。

水素水は薄毛やハゲに効果あるのか?

ミドリムシ(ユーグレナ)が薄毛対策に効果的な3つの理由

 

睡眠不足の改善と同時にハゲ隠しをすると精神的に楽

睡眠不足を改善すると、確かに徐々にAGAやハゲ・薄毛の改善につながっていくのですが、すぐに効果が出るわけではありません。そこで、睡眠不足の改善と同時にうまくハゲ隠しをしていくといいでしょう。

ハゲ隠しに効果的な髪型というものも存在しているので、それらの髪型にしてみるのもいいかもしれませんね。