フィーバーフューとは-用語集

医薬部外品の育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」などに含まれている育毛有効成分フィーバーフューについて解説します。

 

フィーバーフューとは?

フィーバーフューは、和名では「夏白菊(ナツシロギク)」と呼ばれています。葉っぱに強い香りがあるので、本来ならハーブとして用いられている植物です。

 

片頭痛に効くハーブ

フィーバーフューは、昔から、片頭痛を和らげる効果があると考えられて頭痛薬として用いられてきました。フィーバーフューの主成分のセスキテルペン・ラクトン(パルテノライド、パルテノリドとも呼ばれる)には、プロスタグランジンやヒスタミンを抑制する効果があります。その結果、脳の血管の痙攣を抑制し、片頭痛を和らげるのです。

また、血液をサラサラにする効果もあるので、血栓の予防に使われることもあります。

ハゲ薄毛対策への応用

フィーバーフューに含まれるパルテノライドは、次の3つの効果によって、ハゲや薄毛に効果を発揮します。

  1. 抗炎症作用
  2. NF-kβの活性化阻害作用
  3. 血行促進作用

それぞれについてみていきましょう。

抗炎症作用

フィーバーフューには、抗炎症作用があることが知られています。

頭皮が炎症を起こすと、髪の毛に十分な栄養が行きわたらなくなってしまい、髪の毛の成長が抑制され、薄毛が進行してしまいます。

したがって、頭皮の炎症は、ハゲや薄毛の原因となるので、その炎症を抑制することができるフィーバーフューには、ハゲ薄毛対策の効果があると考えられます。

この抗炎症作用によって、関節リウマチの方にも愛用されているようです。

NF-kβの活性化抑制作用

NF-kβとはなんぞや?と思うかもしれませんが、フィーバーフューには、このNF-kβを抑制する作用があります。

 

NF-kβとは、タンパク質の複合体のことで、DNAの転写因子として働きます。エヌエフカッパービーや核内因子κB、nuclear factor-kappa Bとも呼ばれます。

 

このNF-kβは次のような作用を持っています。

  1. 炎症反応の活性化
  2. DHTを産生する

NF-kβを阻害することは、結果的にこれらの作用を阻害することになるので、フィーバーフューには、ハゲ薄毛対策効果があるのです。

 

それでは、それぞれについて詳しくみていきましょう。

炎症反応の活性化

NF-kβは炎症反応を活性化する炎症関連転写因子といわれています。

NF-kβが活性化すると、様々な炎症に関連する分子の転写が活性化されて、炎症反応が活性化するのです。

したがって、NF-kβが活性化し、炎症反応が活性化することによって、頭皮が炎症を起こしてしまい、ハゲや薄毛が進行するのです。

つまり、フィーバーフューを摂取すると、この炎症反応を抑制することになるので、ハゲや薄毛を抑制することにつながります。

DHTを産生する

NF-kβはDHT(ジヒドロテストステロン)を産生する作用があります。DHTは、AGAの原因とされている活性化された男性ホルモン(テストステロン)です。したがって、NF-kβが活性化すると、DHTの産生が増えてしまい、ハゲや薄毛が進行してしまうのです。

よって、フィーバーフューを摂取すると、DHTの産生を阻害することになり、ハゲや薄毛を改善させる効果が得られます。

 

血行促進作用

フィーバーフューには、血行促進作用があります。これも、パルテノライドによる効果です。

頭皮の血行が悪くなると、髪の毛に十分な栄養が行きわたらなくなってしまい、ハゲや薄毛が進行してしまいます。

その頭皮の血行不良を、フィーバーフューに含まれるパルテノライドは改善してくれるので、ハゲや薄毛の改善に効果があるのです。

 

フィーバーフューの副作用

フィーバーフューの副作用をいくつか解説したいと思います。効果のあるものには、副作用がつきものですので、摂取前によく確認しておいてください。

口腔内潰瘍

副作用としては、口の中に潰瘍(口内炎)ができることが知られています。これらの症状が出てきたら摂取を中止した方がいいでしょう。

出血

また、血液をサラサラにする抗凝固作用もあるので、出血などの副作用も考えられます。手術前などには摂取しないようにしましょう。

アレルギー

また、アレルギーが起きる可能性もあるので、摂取後は注意しましょう。口腔内潰瘍もアレルギーが原因であるとする説が有力のようです。

特に、フィーバーフューは、ナツシロギクというくらいですから、菊化の植物にアレルギーがある方は要注意です。

頭痛の再燃

摂取で頭痛が改善していた場合は、摂取をやめると、頭痛が再燃することがあるようです。突然やめた場合に発症することが多いようなので、出来るだけ突然やめずに徐々に減量していくといいかもしれません。

消化器症状

その他の副作用として、胃のむかつき・胸焼け・吐き気が起きることもあります。

 

フィーバーフューを含むサプリメント

最後に、フィーバーフューを含んでいるサプリメントを紹介したいと思います。フィーバーフューは、そう簡単にたくさん摂取できるものではないので、サプリメントで補うといいと思います。

 

チャップアップサプリメント

チャップアップ(CHAPUP)は、人気の育毛剤の一つですが、チャップアップ購入時についてくるサプリメントにもフィーバーフューは含まれています。サプリメント単独で買うことも可能です。その場合は非常に安く購入できます。

もちろん、育毛剤と併用した方が効果が高いことは間違いないので、できれば育毛剤の使用と同時にサプリメントを摂取すると良いでしょう。チャップアップは、当サイトで最もオススメしている育毛剤で人気もダントツです。

チャップアップ公式ホームページはこちら↓

チャップアップ(CHAPUP)

ボストンサプリメント(BOSTONサプリメント)

[Growth Project.]BOSTONにもフィーバーフューが含まれています。こちらは、人気の育毛サプリメントです。成分としては、フィーバーフューの他にもたくさん配合されています。一部を挙げると、亜鉛ノコギリヤシイソフラボンコラーゲンペプチドなどが配合されています。これらはどれも育毛に効果のある成分です。

ボストンサプリメントは、1本に1月分のサプリメントが入っており、3本定期購入の場合、3本で14,480円となっています。1本の定期購入も可能で、その場合は、1本6,480円です。

お申込みはこちら

 

ズキガード

より安く購入したい場合には、効果は劣ると思いますが、ズキガードがオススメです。こちらは頭痛対策用のサプリメントですので、他の育毛有効成分は含まれていません。安さを追い求めるならこちらですね。

ズキガード公式サイトはこちら↓

ズキガード

まとめ

フィーバーフューとは、ハーブの一種で、ナツシロギクとも呼ばれています。フィーバーフューは、片頭痛や関節リウマチの治療に昔から使われてきたハーブです。

実はハゲや薄毛にも効果があります。フィーバーフューはサプリメントで摂取するのが効果的です。フィーバーフューを含むサプリメントには、チャップアップ(CHAPUP)や、[Growth Project.]BOSTONズキガードなどが挙げられます。