女性の薄毛「FAGA」の原因・症状と対策・改善法・治療法完全まとめ

近年、ハゲや薄毛には、男性だけでなく、女性も悩んでいるということが認知されてきました。実際に、私の母親や祖母も薄毛に悩んでいました。女性の薄毛は、FAGAという病気である可能性が高いようです。当サイト(ハゲ薄毛対策.com)でも女性のハゲや薄毛であるFAGAに悩んでいる方のために、FAGA原因治療法改善法対策法などの有益な情報を発信していきたいと思います。

 

今回の記事は、女性の薄毛であるFAGAに関する情報(原因症状対策法改善方法治療方法など)を全てまとめたので、かなりボリュームのある記事となっています。

目次

そもそもFAGAって何?

FAGAとは、女性のAGA(Female AGAや女性男性型脱毛症とも呼ばれる。AGAとは男性型脱毛症のこと)のことで、女性の薄毛の原因としても多い疾患の一つです。女性の方で、最近分け目が目立つようになってきた方や、つむじ付近が目だって気になる方、髪の毛全体のボリューム感が少なくなってきたという方は、この女性のAGAであるFAGAの可能性が高いです。

FAGAは近年増加傾向にある

男性の薄毛であるAGAと同様に、女性の薄毛であるFAGAは、近年増加傾向にあるようです。近年の生活習慣の変化やストレス社会などが原因になっていると言われています。

最近では、本当に多くの日本全国の女性が、FAGAによる薄毛・ハゲに悩まされています。

 

FAGAを疑ったらすぐに対策・治療を!

FAGAを疑った女性の方は、今すぐFAGAの対策・治療をした方がいいと思います。FAGAが進行してしまうと取り返しがつかなくなってしまいます。

 

男性のAGAと似た原因で発症するのが、女性のAGAであるFAGAです。AGAと比べて、未だにFAGAの認知度は低いのが現状で、その原因や対策について、一般の方にはそれほど認知されていないというのが現状です。

ここまでの話をまとめます。

  • FAGAとは女性のAGAのこと
  • 女性の薄毛の原因として多い疾患の一つ
  • 分け目やつむじが目立ったり、ボリュームダウンを感じたらFAGAの可能性がある
  • FAGAは、進行してしまうと取り返しがつかないため、今すぐ対策が必要
  • 男性のAGAと比べて、女性のFAGAの認知度は低いのが現状

 

FAGAは、未だに認知度が低い疾患ですので、まずは「そもそもFAGAの原因は何か?」という簡単なところからその対策法まで、一つ一つ丁寧に解説していきたいと思います。

FAGAの原因は?

そもそも女性のハゲ・薄毛であるFAGAの原因は何なのでしょうか?女性のハゲ・薄毛であるFAGAの原因を理解するためには、男性の薄毛・ハゲであるAGAと比較すると分かりやすいと思います。そこで、男性の薄毛・ハゲであるAGAと女性の薄毛・ハゲであるFAGAとを比較しながら解説していきたいと思います。

 

男性のハゲ・薄毛であるAGAの場合は…

男性の薄毛・ハゲであるAGAでは、頭頂部や髪の生え際に多く存在する5αリダクターゼという酵素が原因でハゲ・薄毛が進行します。

それは、5αリダクターゼによって、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるためです。テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されると、髪の毛の成長が妨げられます。これによって、ハゲ・薄毛が進行することになるのです。

 

女性のハゲ・薄毛であるFAGAの場合は…

男性のハゲ・薄毛であるAGAに対して、女性のハゲ・薄毛であるFAGAでは、女性ホルモンの量が減り、相対的に体内の男性ホルモンが増えることによって、薄毛が進行します。(女性も男性ホルモンを微量ながら持っています。)

また、FAGAで分泌が減ってしまう女性ホルモン(エストロゲン)には、髪の毛を育てる効果もあります。したがって、女性ホルモンが減ること自体によっても薄毛が進行してしまうことになるのです。

 

つまり、何等かの原因によって、女性ホルモンが減少していたり、男性ホルモンと比較して、相対的に女性ホルモンが減少している場合などにFAGAとなってしまい、女性でもハゲ・薄毛が進行してしまうのです。

まとめると、FAGAは、次のような機序で発症します。

  1. 何等かの原因によって、女性ホルモンの量が減る
  2. 相対的に体内の男性ホルモン量が増加する
  3. 男性ホルモンの量が増える=テストステロンも増加する
  4. 相対的にDHT(ジヒドロテストステロン)の量も増加する
  5. DHTによって、髪の毛の成長が抑制される
  6. 女性ホルモン(エストロゲン)の減少によっても髪の毛の成長が抑制される
  7. 女性でもハゲ・薄毛が進行する(=FAGA発症)

このように、実は、女性に起こるFAGAと、男性に起こるAGAでは、その原因が似てはいます。

似ているとは言っても、FAGAとAGAの原因を細かく見ると、若干異なります。よって、FAGAとAGAでは、症状も少々異なってきます。男性のAGAの場合は、頭頂部や前髪の生え際などの局所的に薄毛が始まり、徐々に広がっていきますが、女性のFAGAの場合は、全体的に髪が細くなり、弱弱しくなっていきます。

つまり、女性のFAGAでは、男性のように、完全に頭皮が丸見えになることはめったにないです。

女性の薄毛であるFAGAでは、徐々に髪が細くなり、つむじや分け目が目立ったり、ボリュームダウンしたりするのです。

その他のFAGAの原因

今まで解説してきた、女性ホルモンの減少がFAGAの根本的な原因なのですが、これに加えて様々な生活・環境因子もFAGAの悪化を招く原因となります。

例えば次のような因子が、FAGAの悪化を招く原因だと考えられています。

  • 睡眠不足(睡眠の質の低下・睡眠量の低下)
  • 頭皮の乾燥
  • 生活習慣病(動脈硬化・脂質異常症など)
  • 肥満
  • 過食・偏食
  • 頭皮の血行不良
  • ストレス
  • 加齢
  • 遺伝

これらの様々な因子が複雑に絡み合って、FAGAの発症や悪化を招いているのです。食生活の欧米化や、ストレス社会がFAGAの原因になっているのですね。

FAGAの症状は?

女性のハゲ・薄毛であるFAGAの場合は、男性のハゲ・薄毛であるAGAとは違って、20歳前後の若い年代では、薄毛が進行することは稀です。

FAGAでは、多くの場合は、40歳前後になって、髪の毛が細くなったり、つむじが目立つようになってきたり、分け目が目立つようになってきたりなどのFAGAに特徴的な症状が現れます。

 

男性のハゲ・薄毛であるAGAの場合には、つむじ付近の毛がほとんどなくなってしまいツルツルの状態になってしまったり、前髪が後退してきたりしますが、それと比較して、女性のハゲ・薄毛であるFAGAの場合には、全体的に髪の毛が細くなったり、徐々につむじや分け目が目立つようになってきたりするのが特徴です。

このように、女性の場合は、薄毛が進行しても、徐々に髪の毛が細くなっていくため、なかなか気づかない場合もあるようです。

 

女性の薄毛は40歳前後になって発症することが多いと説明しましたが、これは、女性のFAGAの場合、男性と違って閉経があり、閉経が近づいたり、閉経したりすると一気にホルモンバランスが崩れるからだと考えられます。

一般的に、女性は、閉経を迎えると、女性ホルモンが減少すると考えられており、相対的に男性ホルモンが上昇します。

ちなみに、閉経する年齢の平均は、日本人の場合は50歳前後だと言われています。しかし、閉経の時期には大きな個人差がありますので、40歳前後で閉経を迎えてしまう方もいますし、50歳をこえても未だに生理がくるという方もいるようです。自分の閉経を迎える時期を予測することは難しいです。

 

【FAGAの症状のまとめ】

  • FAGAは、20歳前後の若い年代では、薄毛が進行することは稀。
  • FAGAは、40歳前後になって発症することが多い。
  • FAGAでは、全体的に髪の毛が細くなったり、徐々につむじや分け目が目立つようになってくる。

FAGAの対策法・改善法・治療法は?

FAGAの原因や症状については、これで理解していただけたかと思います。しかし、それだけではFAGAの対策にはなりません。FAGAの対策法はあるのでしょうか?女性の薄毛であるFAGAの対策には何をすればよいのでしょうか?そのようなFAGAに対する疑問への答えをいくつか紹介したいと思います。

FAGAの改善法・予防法・治療法としては、以下のような対策が考えられます。

 

  1. 睡眠の質と量を改善する
  2. 頭皮マッサージをする
  3. 洗髪後は、頭皮をしっかり乾燥させる
  4. 女性も使用可能なFAGAに効果のある育毛剤を使う
  5. イソフラボンを摂取する
  6. FAGA専門クリニックを受診する

早速ですが、それぞれのFAGA対策・改善・治療法ついてみて行きましょう。

 

1.睡眠の質と量を改善する(FAGAの対策法・改善法・治療法)

睡眠不足の状態になると、髪の毛がパサパサするのを感じる方も多いと思います。私もその一人です。私は、睡眠が足りなくなってくると、頭皮が乾燥したり、髪の毛にハリやコシがなくなるのを実感します。

FAGAの場合も、このような睡眠不足が症状の悪化に関係していることがあります。

なぜ、睡眠不足になると、髪の毛(FAGA)によくないのでしょうか?それは、次のような理由によります。

  1. 髪の毛のダメージからの回復は睡眠中に行われる
  2. 睡眠中にストレスを解消している
  3. 睡眠不足でホルモンバランスが崩れる

 

FAGAに睡眠不足が悪い理由としては、これらの理由が考えられるのです。それぞれについて詳しく見て行きましょう。

 

(FAGAに睡眠不足が悪い理由1)髪の毛のダメージからの回復は睡眠中に行われる

日中受けた髪の毛や頭皮へのダメージは、睡眠中に回復が行われています。したがって、睡眠不足になると、紫外線などによる髪の毛や頭皮へのダメージからの回復が十分に行われずに、徐々にダメージが蓄積していき、毛母細胞や頭皮環境などに影響を与えていきます。

その結果、薄毛やハゲ、髪の毛のハリやコシ、ボリュームダウンが進行することになるのです。FAGAの場合でも、これらの回復が行われていないことが原因で薄毛が進行している場合もあるのです。

FAGAの対策のためには、しっかりと、ダメージから回復するためにも、十分な睡眠をとりましょう。

 

(FAGAに睡眠不足が悪い理由2)睡眠中にストレスを解消している

睡眠はストレスからの回復のために重要な働きをしていることが研究で分かっています。ストレスは、ハゲや薄毛の原因となると考えられているので、睡眠不足は、ストレスによって、ハゲや薄毛を進行させる原因となるのです。つまり、睡眠不足はストレスを貯めてしまい、FAGAの進行の原因にもなるのです。

しっかりと快適な睡眠を十分にとることは、ストレスを貯めない生活につながり、それがFAGAを改善させます。睡眠をしっかり取ってストレスを解消することは、ハゲ薄毛の改善や、ハリやコシのある髪を取り戻すためにも重要なのです。

 

(FAGAに睡眠不足が悪い理由3)睡眠不足でホルモンバランスが崩れる

成長ホルモンなどの様々なホルモンは睡眠中に分泌されています。睡眠中に多く分泌されている成長ホルモンは、髪の毛の成長にも深く関与しているホルモンです。

そのため、睡眠不足になると成長ホルモン不足に陥り、髪の毛の成長が悪くなってしまいます。その結果、髪の毛が細くなり、髪の毛のハリやコシの減少や、薄毛やハゲ(FAGA)を進行させることにつながってしまうのです。

 

また、成長ホルモンだけでなく、その他のホルモン分泌にも関与しているのが睡眠です。それらのホルモンバランスが崩れてしまうと、薄毛やハゲ(FAGA)の原因となることも考えられます。

したがって、しっかりと睡眠をとって、ホルモンバランスを正常な状態に保つことは、FAGAの対策につながるのです。

 

FAGA原因となる睡眠の質と量を改善するには?

FAGAを進行させたり、FAGAの原因となる睡眠不足(睡眠の質と量)を改善するには何か方法があるのでしょうか?私が実践して睡眠不足の改善に効果のあった方法をいくつか紹介したいと思います。

 

  1. 運動習慣を作る
  2. 入浴をする
  3. 朝日を浴びる
  4. 早寝早起き
  5. 就寝前のカフェインは避ける
  6. 就寝前のアルコールは厳禁
  7. 就寝前の喫煙も避ける
  8. 15~30分程度の昼寝をする
  9. 食事に気を使う
  10. 睡眠の質を改善するサプリメントを飲む

これらを行うことで、睡眠の質や量を改善することができます。つまり、FAGAの対策や治療や改善につながるのです。

それぞれの改善法について、簡単に説明します。

運動習慣を作る(睡眠の質と量を改善する方法1)

運動は身体を適度に疲労させることによって、睡眠の質を上げることにつながります。実際に有酸素運動を毎日すると、睡眠の質が上がることが研究で分かっているそうです。運動で睡眠の質が上がることで、FAGAの対策・治療・予防になるのです。

厚生労働省のホームページに運動と睡眠について、次のような記述がありましたので、引用させていただきます。

国内外の疫学研究(数千人を対象とした質問紙調査)において、運動習慣がある人には不眠が少ないことがわかっています。とくに睡眠の維持に習慣的な運動の効果があるようです。運動の内容も睡眠に影響します。1回の運動だけでは効果が弱く、習慣的に続けることが重要です。その効果として、寝付きがよくなるのと深い睡眠が得られるようになります。特に高齢者など普段から不眠がちな人に効果が大きいようです。

出典:快眠と生活習慣 | e-ヘルスネット 情報提供

このように、しっかりとした疫学研究で運動習慣が不眠に効果があることが分かっているようです。つまり、運動習慣を作ると、睡眠の質や量を改善できることができ、ひいてはFAGAの対策・改善・治療につながることになるのです。

 

入浴をする(睡眠の質と量を改善する方法2)

また、入浴をすることも、睡眠の質や量の改善に効果があります。こちらも厚生労働省のホームページに記述がありましたので、引用させていただきます。

入浴の睡眠への効果は加温効果にあります。これは運動の場合と同じで就寝前に体温を一時的に上げてあげることがポイントです。
当然ながらタイミングも重要になります。午前あるいは午後の早い時間の入浴は効果がなく、夕方あるいは夜の入浴が効果的です。深い睡眠をとるには就寝直前の入浴が良いとされていますが、寝付きを悪くしてしまう心配があります。寝付きを優先させると、就寝の2~3時間前の入浴が理想です。

出典:快眠と生活習慣 | e-ヘルスネット 情報提供

このように、就寝の2~3時間前に入浴することが効果的なようです。つまり、就寝2~3時間前の入浴には、睡眠の質と睡眠の量を改善する効果があり、FAGA対策・改善・治療の効果があるということです。

お風呂の温度は、自分に合った温度で良いようです。少しでも体温を上げることが重要です。FAGAの対策・改善・治療のためなら、気持ちよく感じる温度で入浴しましょう。

 

朝日を浴びる(睡眠の質と量を改善する方法3)

また、朝日を浴びることも睡眠の質の改善に効果があるようです。光には、体内時計をリセットする効果があります。人間の体内時計は24時間よりも少し長くできているそうなので、しっかりと毎朝リセットしてあげなければ、どんどん体内時計がズルズルと後ろにずれて行ってしまうのです。

つまり、毎朝光を浴びて体内時計をリセットしないと、睡眠の質がどんどん悪くなってしまうのです。朝起きたら、まずカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。そして、電気をつけて、明るい部屋で過ごすのが理想だと思います。そうすることで、睡眠の質や量も改善することができ、FAGAの対策・改善・治療にもなるのです。

 

早寝・早起きをする(睡眠の質と量を改善する方法4)

また、規則的な生活習慣を作ることも、睡眠の質の改善につながります。毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きることで、体内時計のリズムが整い睡眠の質が上がるのです。そうすることで、FAGA対策・改善・治療につながります。

就寝前のカフェインは避ける(睡眠の質と量を改善する方法5)

カフェインには、覚醒作用があるので、就寝前5~6時間のカフェインの摂取は睡眠の質を悪化させたり、眠れなくなることにより、睡眠の量を減少させる可能性があります。ちなみに、栄養ドリンクなどに配合されている無水カフェインも同様です。

就寝前には、コーヒー、緑茶、チョコレート、栄養ドリンク、滋養強壮剤などのカフェインを含む飲み物や食べ物、サプリメントなどを摂取するのはやめましょう。

そうすることで、睡眠の質・量の両方を改善することができ、FAGAの対策・改善・治療になります。

就寝前のアルコールは厳禁(睡眠の質と量を改善する方法6)

寝つきが良くなるからといって、就寝前にアルコールを摂取する人が多いですよね。しかし、アルコールには、確かに寝付きを良くする作用はありますが、睡眠の質は悪化させてしまうようです。アルコールを摂取してからすぐに眠ると、明け方の睡眠が浅くなってしまうことが分かっていますので、睡眠の質だけでなく、早く覚醒してしまうことによって、睡眠量の減少も招いてしまいかねません。

このような理由から、就寝前にアルコールを摂取すると、睡眠の質と、睡眠量の低下につながってしまい、FAGAが悪化してしまいます。

つまり、就寝前のアルコールの摂取を控えればFAGAの対策・改善・治療になるのです。

就寝前の喫煙も避ける(睡眠の質と量を改善する方法7)

就寝前の喫煙も睡眠の質と睡眠の量を減らす原因になります。つまり不眠の原因にもなります。これは、ニコチンの作用によるものです。

できるだけ、就寝前に喫煙をするのは避けましょう(できれば日中も喫煙はしないことが望ましいです)。

就寝前の喫煙を避けることで、睡眠の質と量の改善につながり、FAGAの対策・改善・治療にもなるのです。

15~30分程度の昼寝をする(睡眠の質と量を改善する方法8)

15~30分程度昼寝をすることで、午後の眠気を予防できることが知られています。ストレスの解消にもなります。実は、この昼寝をすることで、夕方のうたた寝や、夕食後すぐの寝てしまったりすることを予防することができます。うたた寝や夕食後すぐの睡眠は睡眠の質の悪化・不眠などの原因となるので、昼寝には、睡眠の質と量の改善効果があるのです。

つまり、昼寝をすることで、結果的にFAGAの対策・改善・治療にもなるのです。

食事に気を使う(睡眠の質と量を改善する方法9)

朝ごはんを食べなかったり、夕食を食べ過ぎたりすることも睡眠の質や量に影響してきます。

朝ごはんは少しでもいいのでしっかり食べましょう。夕食は、食べ過ぎないように注意しましょう。夕食を食べすぎると、睡眠の質や量に悪影響を及ぼすことが分かっています。

このように、食事に気を使うことで、睡眠の質や量を改善することができます。つまり、そうすることで、FAGA対策・改善・治療にもなるのです。

睡眠をサポートするサプリメントを飲む(睡眠の質と量を改善する方法10)

最近では、睡眠の質をサポートするサプリメントも発売されているようです。例えば、睡眠サポートサプリ。【機能性表示食品】リフレのぐっすりずむ機能性表示食品『テアニン快眠粒』などのL-テアニンを配合したサプリメントなどがいいようです。私も飲んでみましたが、凄さに驚かされました。

これらのサプリメントを飲むことで、睡眠サポートができ、睡眠の量も確保できるようになりました。

 

ちょっと、睡眠の質と量を改善する方法が長くなってしまいましたが、FAGAの対策法・改善法・治療法に話を戻します。早速、次のFAGAの対策法・改善法・治療法を見て行きましょう。

 

2.頭皮マッサージをする(FAGAの対策法・改善法・治療法)

ハゲの対策に頭皮マッサージを行っている方がいるという話は聞いたことがあるかと思います。AGA対策には頭皮マッサージが良いと言われていますが、実は、頭皮マッサージは、女性のハゲ・薄毛であるFAGA対策にも効果があります。さらに、男性のAGAや女性のFAGAだけでなく、それ以外の種々の原因による様々な脱毛症の対策にも効果があるのが、この頭皮マッサージなのです。

頭皮マッサージには、次のような効果があります。

  1. 血行促進作用
  2. 頭皮環境の改善作用

これらの効果によって、FAGAの対策や治療や改善の作用を発揮します。それでは、頭皮マッサージの効果のそれぞれについて解説していこうと思います。

1.頭皮マッサージの血行促進作用(頭皮マッサージの効果)

頭皮マッサージには、頭皮の血行促進作用があります。頭皮や髪の毛に栄養を届けるのは、血液です。そのため、頭皮マッサージによって、頭皮の血行を促進すると、血流がよくなり、髪に栄養が届けられやすくなり、髪の成長に良い影響があると考えられています。

したがって、女性のハゲ・薄毛であるFAGAによって、細く弱くなってしまった髪の毛に対して、栄養を補給することにつながるため、頭皮マッサージは、FAGA対策に有効な手段であると考えられます。

 

2.頭皮マッサージの頭皮環境改善作用(頭皮マッサージの効果)

また、頭皮マッサージによって、頭皮環境も改善し、育毛剤などが浸透しやすい頭皮環境を作ることができます。これは、血行促進作用の延長の効果でもあるのですが、血液に栄養をもらっているのは、髪の毛だけではなく、頭皮も栄養をもらっているためです。

頭皮も、血行促進によって、栄養をたくさん受け取り、普段の紫外線などから受けたダメージを修復し、頭皮環境の改善につながるわけです。

したがって、頭皮マッサージによって、育毛剤が浸透しやすい頭皮環境が出来上がります。そのため、育毛剤などの他のFAGA対策・治療・改善法と併用して頭皮マッサージを行うと相乗効果を得ることができます。そのFAGA対策・治療・改善効果をさらに高めるためには、シャンプーをした後や育毛剤を付ける前などに頭皮マッサージを行うとよりFAGA対策・予防に良いでしょう。

 

私も、シャンプ―後に、頭皮マッサージをして、そのあとに育毛剤を付けることにしています。それによる効果かはわかりませんが、髪の毛は順調に増えてきています。FAGAでも同様の効果が得られると思います。

このように、頭皮マッサージには、頭皮の血行促進作用&頭皮環境改善作用の2つの作用によるFAGA対策、FAGA治療、FAGA改善の効果があるのです。

 

3.洗髪後は、頭皮をしっかり乾燥させる(FAGAの対策法・改善法・治療法)

洗髪後に塗れたままの髪の毛を放置しておくと、細菌が繁殖してしまう原因となります。細菌が繁殖してしまうと、頭皮にニキビができたり、フケが出たりと頭皮環境の悪化の原因となります。頭皮環境が悪化すると、FAGAの進行や発症の原因となるので、シャワーを浴びたり、洗髪をした後は、出来るだけ早く、ドライヤーでしっかりと頭皮を乾燥させましょう。

そうすることで、FAGAの予防や対策、治療につながります。

 

4.女性も使用可能な育毛剤を使う(FAGAの対策法・改善法・治療法)

次に解説するFAGAの対策・治療・改善法は、女性でも使える育毛剤を使う方法です。最近では、女性にも使える育毛剤が続々と登場してきているので、FAGAに悩む女性にとっては嬉しい時代がやってきています。

「えっ女性なのに育毛剤?」と思う方もおられるかもしれませんが、最近では女性用の育毛剤を使用している女性の方も増えてきています。

FAGAの対策には、それらの育毛剤の中でも効果のある根拠のある育毛剤を使うことが重要でしょう。

 

男性の場合は、AGAや薄毛・ハゲの対策に様々な育毛剤を使っていますが、FAGAに悩む女性でも、女性に使用可能な育毛剤を使うことでFAGAの対策・予防をすることができます。

今発売されている育毛剤には、女性でも使用可能な育毛剤が数多く存在しています。当サイトで紹介している育毛剤にもたくさんあるので、チェックしてみてください。

 

 

5.イソフラボンを摂取する(FAGAの対策法・改善法・治療法)

イソフラボンは、女性ホルモン様作用をすることで有名な成分です。イソフラボンを摂取することによって、体内で女性ホルモンのような作用をするのです。

女性のハゲ・薄毛であるFAGAは、体内の女性ホルモンが減少することが原因で起こると考えらえれている脱毛症の一つであるので、その不足している女性ホルモンを補うことによって、FAGAの進行を遅らせることができるのです。

そこで、女性ホルモンの代わりになるイソフラボンを摂取することで、女性ホルモンを補うことにつながり、女性のハゲ・薄毛であるFAGAの対策・治療・改善になるわけです。(FAGAだけでなくAGAにもイソフラボンは治療効果・改善効果があります。)

FAGA対策・改善に効果的なイソフラボンは大豆製品に多く含まれる

イソフラボンは、豆乳や豆腐、納豆、おから、湯葉などの大豆製品から摂取することができる成分です。

FAGA対策・改善に効果的なイソフラボンはサプリメントからも摂取できる

最近は、イソフラボンを含んだAGA治療やFAGA治療に効果のあるサプリメントも発売されているので、食事で摂りきれない分を、それらのサプリメントを活用して補う方法も、FAGA治療・改善・対策としては良い方法の一つでしょう。

 

シャンプーにもイソフラボンが含まれているものがある

また、シャンプーや育毛剤など、サプリメント以外の製品にもイソフラボンが配合されているものがあります。したがって、イソフラボンをサプリメントや食事から摂取することに加えて、イソフラボンが含まれたシャンプーや育毛剤を利用することも、女性のハゲ・薄毛であるFAGAの良い対策になるでしょう。

 

イソフラボンの解説をしてきましたが、少し長くなってしまいました。読んでくださってありがとうございます。それでは、次のFAGA対策法・改善法・治療法に行きましょう。

 

6.クリニックを受診する(FAGAの対策法・改善法・治療法)

もし、育毛剤やサプリメント、頭皮マッサージ、イソフラボンの摂取、睡眠の質や量の改善などの他のFAGA対策法をしばらく試してみても、FAGAの進行が全く止まらないようなら、東京ビューティークリニックなどのAGAクリニックを受診することをオススメします。

AGAクリニックでは、FAGAの相談も受け付けているところが多いので、女性の方でも安心して受診することができます。不安な方は、女性専門のFAGA治療クリニック東京ビューティークリニック)もありますので、そちらを受診されるといいかもしれません。

 

女性の薄毛「FAGA」の原因・症状と改善法・対策法・治療法のまとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。女性の薄毛「FAGA」の原因と対策方法のまとめです。箇条書きでまとめたいと思います。

・女性の薄毛は、女性のAGAである「FAGA」である可能性が高い

・FAGAを疑った女性の方は、今すぐFAGAの対策をした方がいい。進行すると取り返しがつかない。

・女性のハゲ・薄毛であるFAGAの原因は、女性ホルモンの量が減り、相対的に体内の男性ホルモンが増えること。女性ホルモンの量が減る原因は人それぞれ。

・FAGAの症状としては、40歳前後になって、髪の毛が細くなったり、つむじが目立つようになってきたり、分け目が目立つようになる

・FAGAの対策としては、次のようなものが考えられる。

  • 睡眠の質と量を改善する
  • 頭皮マッサージをする
  • 洗髪後は頭皮をしっかり乾燥させる
  • 女性も使用可能なFAGAの効果のある育毛剤を使う
  • イソフラボンを摂取する(大豆食品やサプリメントから)
  • FAGA専門のクリニックを受診する(無料カウンセリングがあるところが多いです。)

 

PR.オススメの育毛剤

オススメの育毛剤をいくつか紹介します。

ケノミカ

ケノミカは、女性のために開発された育毛剤です。髪の美容液とも言われているくらい素晴らしい女性用薬用育毛剤です。ボリュームアップ美容にも効果があります。世界毛髪研究会議で最優秀賞を受賞した育毛技術をつかっているので、素晴らしい効果を発揮するかもしれません。

【Kenomika】ケノミカ

チャップアップ

チャップアップは、天然由来成分を中心に作られた育毛剤です。男性用と思われがちですが、実は、女性でも使用することのできる育毛剤です。リアップリジェンヌなどの医薬品と比べて、副作用が少ないのが特徴です。

チャップアップ(CHAPUP)

ブブカ(BUBKA)

ブブカもチャップアップ同様に天然由来成分主体で作られた育毛剤ですが、女性でも使用することができる育毛剤です。M-034エキス(ミツイシコンブエキス)という、ミノキシジルと同等の効果があると言われている成分が多く配合されています。

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)

ナノインパクト100/ナノインパクト100レディ

ナノインパクト100は、ナノ粒子によって、浸透力を最大限まで高めることに成功した育毛剤です。女性用のナノインパクト100レディもあるので、安心して女性も使うことができるでしょう。

育毛剤ナノインパクト100(育毛剤ナノインパクト100レディ)

アロエ育毛液

アロエ育毛液は、当サイトで紹介している育毛剤の中でも最も安く購入することのできる育毛剤です。初回は、半額で3,132円であるだけでなく、なんと1本で2か月間使用することができるようです。アロエ育毛液は、肌に優しく、男女ともに使える育毛剤となっていますので、女性にオススメの育毛剤です。

[定期]アロエ育毛液60日分チャレンジ

リアップリジェンヌ

リアップリジェンヌの公式ホームページは、一応記載しておきますが、リアップリジェンヌは、インターネット上で購入することはできません。ドラッグストアで、薬剤師の説明を受けて購入する必要があります。

リアップリジェンヌ

オススメのサプリメント

オススメのサプリメントであるボストンサプリメントとブブカそれぞれについて詳しく解説します。

[Growth Project.]BOSTONサプリメント(女性用ボストン)

[Growth Project.]BOSTONは、かなりオススメです。

このサプリメントには、多くの成分が配合されています。ちなみに、ボストンサプリメントはチャップアップ(CHAPUP)の場合とは異なって、育毛剤はついてきません。

BOSTONサプリメントは、男性用を女性の方が使っても効果がありますが、女性用のBOSTONサプリメント(⇒女性用ボストン)もあります。もし男性用だと不安だという方は、こちらをご使用になられると良いかと思います。男性用と女性用では、配合されている成分に若干の違いがありますので、ご自身で成分を比較してみて、こちらの方が効きそうだと思った方を使用して問題ないです。

 

↓↓[Growth Project.]BOSTON女性用ボストンの購入はこちらからできます↓↓

 

濃密育毛剤BUBKAサプリメント(ブブカサプリメント)

BUBKA

チャップアップ(CHAPUP)と並んで、人気の育毛剤である濃密育毛剤BUBKAについてくるサプリメントもオススメです。

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)は、天然由来成分主体で作られた育毛剤ですので、副作用が少ないのが特徴です。M-034エキス(ミツイシコンブエキス)という、北海道の沖合に自生している海藻である北海道ミツイシコンブから抽出されたエキスを配合しています。

この(M-034エキス)ミツイシコンブエキスは、ミノキシジルと同等の育毛パワーがあると言われている成分ですが、天然由来成分であるため、医薬品であるミノキシジルよりも副作用が少ないのが特徴です。

 

ちなみに、ミノキシジルとは医学的に発毛の効果があると認められている成分です。

ミノキシジルは、はじめは高血圧症に対して、血管を拡張させることによって、血圧を下げるために開発された医薬品です。ミノキシジルは、その血管拡張作用のために、副作用として多毛症が出現したことによって、脱毛症への応用が研究されてきました。

 

臨床試験の結果、実際にミノキシジルに脱毛症の改善効果が認められたため、現在では、脱毛症の改善に効果のある医薬品として、5αリダクターゼを阻害する作用のあるプロペシアとともに最も推奨されている薬の一つとなっています。

このミノキシジルと同等の育毛パワーのある成分である(M-034エキス)ミツイシコンブエキスを配合している育毛剤が濃密育毛剤BUBKA なのです。そして、このBUBKAについてくるサプリメントがオススメなのです。BUBKAサプリメントにも多くの成分が配合されています。

BUBKAの購入は以下のサイトから可能です。

濃密育毛剤BUBKA 

FAGA専門クリニックの公式ホームページ

女性専門のFAGA・薄毛・ハゲ治療クリニックで有名な東京ビューティークリニック(TBC)の公式ホームページはこちらです。

東京ビューティークリニック

途中で紹介した商品の公式ホームページ

最後に、途中で紹介した商品の公式ホームページへのリンクを貼っておきます。こちらのリンク先から購入することができます。

「リフレのぐっすりずむ」

睡眠サポートサプリ。【機能性表示食品】リフレのぐっすりずむ

「テアニン快眠粒」

機能性表示食品『テアニン快眠粒』

 

FAGA関連動画

最後になりますが、FAGAに関連した動画を紹介したいと思います。

途中で紹介させていただいた、ボストンサプリメントの使用者の声をまとめた動画を見つけたので、紹介させていただきます。

(参考:[Growth Project.]BOSTON女性用ボストン

 

FAGA関連記事の紹介

この記事(FAGAの対策法や治療法ついて)に関連した記事をいくつか紹介したいと思います。

AGA・ハゲ・薄毛の対策法とハゲ隠しのオススメの髪型…この記事では、今回の記事(FAGAの対策法や治療法ついて)の途中で紹介した育毛剤やサプリメントをハゲ隠しと同時に使うことをオススメしています。そうすることで、ハゲが目立たない状態で徐々にハゲ薄毛の改善をしていくことができるので、精神的に楽だからです。

※記事の内容は、効能・効果・安全性を保証するものではありません。当サイトの情報を利用する場合には、医師や薬剤師にご相談し、ご自身の責任の上で利用するようにしてください。