アルコールは薄毛の原因なのか?

今日は、アルコールと薄毛の関係に関するライブドアニュースのこのような記事を読みました。

アルコールによる薄毛の原因

その主な原因は糖分!
お酒全般は穀物や果実を原料に作られるので糖分を多く含んでいます。

糖分を過剰に摂取すると糖分は血中で脂肪へと変り、過剰な皮脂の分泌を引き起こします。
この過剰な皮脂が毛穴に溜まり角栓になると、毛穴を塞ぎ抜け毛の原因になるのです。

また、アルコールは、肝臓で毒性のあるアセトアルデヒドを経て、無毒な酢酸に分解という過程をたどりますが、このアセトアルデヒドの分解が間に合わなかった場合は血流によって体中を循環します。

このアセトアルデヒドという物質は、過剰摂取しすぎると体内で、脱毛の原因ホルモンとも言われている脱毛を促進させるDHT(デヒドロテストステロン)という物質を増加させてしまうのです。

出典:アルコールは「薄毛」の原因に?良い摂取方法は – Peachy – ライブドアニュース

この記事を読むと、アルコールは、薄毛の原因になるようです。

まず、お酒に配合されている糖分が髪の毛に悪い影響を与えます。過剰な皮脂の分泌を引き起こし、毛穴が詰まってしまう可能性があるのです。そうなると、頭皮環境が悪くなり、頭皮の炎症が起こったりして、髪の毛の成長を阻害する可能性が高まります。そうして、薄毛が進行してしまう原因になるようです。

また、アルコールを摂取すると、肝臓の働きでアセトアルデヒドが生成され、最終的に酢酸に分解されますが、この中のアセトアルデヒドが薄毛に良くないようです。アルコールを過剰摂取すると、アルコールの分解が追い付かずにアセトアルデヒドが増えてきます。このアセトアルデヒドが体内に増えてくると、DHTが増加してしまうことが薄毛の原因だと考えられています。

できれば、薄毛の予防のためには、お酒は適度に飲むのを心がけるようにしましょう。

もちろん、飲酒だけでなく、他の生活習慣にも気を付けるべきです。喫煙も薄毛の原因になると言われているので、できるだけ禁煙するようにしましょう。また、運動や食事も重要です。適度な運動と、バランスの良い食事(糖質、脂質、塩分の摂りすぎに注意)を心がけていきましょう。

ちなみに、薄毛で悩んでいる方には、医薬部外品育毛剤のチャップアップ(CHAPUP)がオススメです。以下のサイトから購入できます。天然由来成分が主体なので、副作用が少ないのが特徴です。

 


チャップアップ(CHAPUP)